« 云わば私の言ってたアンチに当たる意見だが | Main | 人はいつか、辿り着ける。その永遠へ »

May 22, 2005

利得的思考の敗北

http://blog.tatsuru.com/archives/000995.php

 

実に。

NEETというものの原因が何かを、的確に捉えているエントリ。

このエントリでは、資本主義的・利得的思考こそが、NEETなどの無気力感を生み出していると説いている。実に正しいと思う。

そう。実に私は、我々は、生きる事そのものの『意味』が分からない。そこが問題なのである。

 

さて、そこまで分かったのならば、そこからこの問題を解決する方法を導き出さねばなるまい。

しかし、その方法が分からぬ。

 

既にこの身は、利己主義に凝り固まっているため、『他人の為に』という行動原理そのものが理解できないのである。

これは同時に、絶対的なものとしての『愛』の存在を否定している理由でもある(ここでのコメント欄でのやり取り参照)。

誰かが、恐らくは我々の親の世代が、全ての動機付けを『己の為に』と、我々に教え込んだのが理由であり、ならばそれを解消するには、次の世代に託すしかない。我々老人には、今から己の哲学を180°曲げる事は不可能であろう。少なくとも私は、そこまで柔軟な思考を持ってはいない。

次の世代に、『情けは人の為ならず』という言葉の、本当の意味を理解させなければならない。我々の如き、生産性のない世代は、せめて、創造力に溢れる、次の世代の為の人柱とならねばならない。

|

« 云わば私の言ってたアンチに当たる意見だが | Main | 人はいつか、辿り着ける。その永遠へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80990/4227588

Listed below are links to weblogs that reference 利得的思考の敗北:

» ニートと働かないアリ [◆木偶の妄言◆]
ニートが02年の推計で84万7000人いることが分かった(記事)。 15~34歳の独身若年層のうち仕事をせず、学生でもなく、職業訓練もしていない無業者をニートという。まあ、この人たちにぶらぶらせずに正業に就けというのは当然であり、簡単であるのだが、今回は別の角度から考察を加えたい。 働き者の代名詞的存在であるアリの集団を観察するとまったく働かないアリがいるということが研究によって分かっている。 北海道大学農学研究科の研究によると、カドフシアリという小型のアリを5カ月にわたり観察した... [Read More]

Tracked on May 31, 2005 at 07:39 PM

« 云わば私の言ってたアンチに当たる意見だが | Main | 人はいつか、辿り着ける。その永遠へ »