« 料理は体調に合わせて作りましょう | Main | 風邪がヤバい »

Oct 26, 2012

今後の方針

結局のところ問われているのは、この社会で生きていく覚悟がどれくらいあるか、である。

 

諸事情により、今後の人生の方針を、2週間以内にまとめなければならない。まとめようにも頭が混乱しているので、まずは文書化することで、情報を整理する必要がある。このエントリーには、そのような意味がある。

また、他者にその情報を公開する事で、様々な意見を聞ける事を期待している部分もある。そのような意味もあって、あえて今まで暗号文化していたものを、そのまま書き出してみる。

 

 

問われているのは、どのくらい就労に付く意欲があるか、である。残念ながら、自分の意欲の分量に都合よくあった求職が、社会に存在するわけではないので、方針もある程度、選択制になってしまう。ちなみに、具体的な選択肢は私もよく分かっていない 。

焦点となるのは、私の生涯の目標である「自立」に対する答である。要は、どれくらいの時間消費で、どれくらいのお金がもらえるか、である。もちろん、将来的にそれが続けられるのか、生きていく為の技術はどれくらい身につくのか、といった要素も問題になってくる。 最終的に、自分で自分の身を支えられないのなら、リハビリを含め、このような一連の活動をやっている意味などないのだから。

 

さて、私が就労するとして、問題となるのは実のところ、たった一点なのだ。しかも、具体的である。一言で「対人関係に問題がある」というと、大雑把過ぎて人によっても色々な問題があるだろうが、私の場合は、いわゆる「合わない」人間に対する対処である。

…馬鹿馬鹿しいが、本当にそれだけである。それだけの事で、幾度となく仕事で、体を潰しているのだ。ここでいう「合わない」というのは、自分が意識下で、実質「敵」と看做している人物である。

そのような人物と居る事によってかかるストレスが、一般人と比較にならないほど大きいのではないかと考えられる 。生憎、私は「一般人」から遠く離れている存在なので、どれほどの差があるかなどは分からない。ひょっとしたら、同程度であり、これもただの愚痴に過ぎないのかもしれない。

 

ちなみに今までの経験から、どのような人間を、私が合わないと感じ、「敵」と看做すか、パターンははっきりしている。頻繁に正当である意見を述べるが、そこに感情を乗せてくる(あるいはそう私が感じるだけ?)人間である。言い方を変えると、正論で人を押し潰すタイプに、本能的に私は敵意を抱くのである。

そこまで分かっていながら何も出来ないのは、基本的にそういった人間は、自分より社会的に立場が上の人間であるからだ。しかも、このタイプの人間は、この社会にごまんといる。そして、そういった考え方、いわゆる正論は、社会的には正しいものである。

自分で間違っていると思う方向に進む人間がいるだろうか? 少なくとも私は、より正しい方向に進まなければならないと、常々感じている。故に、敵意などといった感情は捨て置いて、正しい意見は受け入れなければならない。

 

 

以上の問題点を踏まえた上で、今の現状を振り返ろう。

…少なくとも、今までの人生の結果を見る限り、私の夢である自立というのは、本当に大それた夢であり、本来は抱く事すら許されない希望だという事が分かる。さらに時間は有限であり、未来の可能性も残り少ない。それは散々、忠告を受けたはずだ。

 

今の自分の立場を、改めて見てみよう。繰り返し言っているが、この社会において、自分で生きていく力のない人間に、生きていく資格はない。ただ、人は可能性の生き物ゆえ、未来の可能性を信じて教育・支援が行われる。

だが、これを人物に対する投資という視点で見るならば、今の社会はあまりに「損切り」が出来ていなさ過ぎる。私も、社会の大多数の人間も、そこまで人の潜在力、可能性といったものを信じていない。厄介なのは、人権というあいまいな言葉であり、この概念が、社会に邪魔な存在を切り捨てるのを阻害する。

この社会で日々、命を削って生きている人間から見れば、保険などのような自分に利益のあるものを除けば、社会福祉など糞喰らえであろう。今の社会は社会福祉に力を入れすぎており、その結果、あまりに疲弊している。日本国憲法第25条に、下手に国民に対する生存権の保障が記されているばっかりに、それが拡大解釈されて大変な事になっている。

人が人を助ける気持ちが社会を作るなどというのは、幻想だ。この社会は基本、ギブアンドテイクによって成り立っている。優しさなど、この社会においては、むしろ生きていくのに邪魔となるファクターである。

 

…自分のような、社会に全く貢献していない人間に向けられている感情というのはつまり、そういったものだ。だから、急がなければならない。この社会において、最低限の構成員として認められるか。あるいは死か、である。

 

 

以上、考察である。これらの現状を踏まえた上で、自分はどれくらい「頑張れる」のか、を計算しなければならない。期限は2週間である。急がねばならない。

|

« 料理は体調に合わせて作りましょう | Main | 風邪がヤバい »

Comments

FDさんの状況が厳しいであろうという時に、ジャンク情報をねじ込む形になってしまうかもしれませんが、
ちょっとお邪魔します。

まず、「正論」は本当に「正しい」といえるのでしょうか?
私個人としては、さほど正しくはないように思います。

確かに、社会全体の共通認識として、ある程度機能してはいるでしょう。
共通認識として機能しているということは、「誰でも最初に思いつくこと」の一つである訳です。
極端に言えば、その辺を歩いている、
FDさんの事をまるで知らないおじいちゃんにも言える内容ということになります。
そんな程度のものが、FDさん個人にとって正しいと言えるのか、
或いは、正しいとしても有用であるのか、と考えると、疑問を感じざるを得ません。

更には、ひょっとしたら例外はあるのかもしれませんが、
人間は、少なくとも個人レベルでは、「完璧」な存在ではありえないように思います。
これは、人間が、群れ(社会)を形成する、しなければならない生き物であることからも伺えます。
「完璧」ではない存在が、「完璧」な判断を下せるかというと、
これは、イレギュラーなものを除けば、不可能と言えるでしょう。
つまり、人間が選べる選択肢とは、
ベスト(完璧)なものではなく、ベターなものでしかありえないことになります。
ベストは唯一無二かもしれませんが、ベターは無数に存在する、
それを念頭に置くと、正論=社会の共通認識とは、
「多くの人がベターだと感じるもの」(理論として証明はされていない)と言え、
社会的に認識されてはいないものの、他にも「正論」に匹敵するものはあり得る、
つまり、特別に価値があるわけでもない、不確かでもあるもの、正しそうにみえるもの、
と定義しても良いように私は思います。

さて、私が読ませて頂いた限りでは、「自らを殺してでも社会の正しさに準ずる」という、
悲壮な覚悟のようなものを感じますが、私がここまで書いてきたことが少しでも正しければ、
「正論」や「社会的な正しさ」にそこまでの価値はないように思います。

勿論、現実的には、そういったものを全く無視することも不可能でしょう。
しかし、自分を殺すほど押さえつけてしまったら、どんなに能力のある人であっても、
冷静な判断をすることはとても難しくなり、最終的には潰れてしまうのではないか、と
私は思います。

私は、自分を殺すほど押さえつけないことを前提に、
社会に対して、能動的にどこまで歩み寄れば良いか、
考えてゆくのが妥当な線のように思っておりますが、いかがでしょうか。

私自身、具体的にどうしたら良いのか、答えが出ているわけではありませんが。

最後に、一つだけ書きますと、
私は、FDさんを一番責め、許していないのは、ご自身であるように感じます。
むしろ、そうさせられてしまっている、というのが最も近い感じでしょうか。
もし、本当にそうであるのなら、何も解りはしませんが、
私には、辛い経験をされた方が、すでに痛めつけられているご自身を責める、
これは、非常に辛く、勿体無いことのように思われます。
ご自分に対する縛りを、少し緩めることを考えられても良いのではないでしょうか。

具体性のない、無駄な長文で申し訳ありません。
それでは、失礼しました。

Posted by: nureyama | Nov 02, 2012 at 03:08 AM

おお、なんかしばらくこういう問に対するFDの考え方を見たり聞いたりしてなかったうちに、すっかり現実を見据えて受け入れてるなぁ。

社会で生きるのってめんどくせーし、辛いし、怖いし。
んでも、その先にある対価があれば、なんとなくやってけんだよね。

たまにTRPG出来るってのも、俺にとってはもっとも大きな対価の一つだし。

覚悟とはッ!(ry

ま、難しく考えることじゃねーってw

正論言いたい奴にゃいわせときゃいーんさ。

本当の本質を理解してねーんだから
世の中正しいだけじゃダメ、って理屈わかってねーってのは
本当の意味では正論を理解してねーんだよ。

Posted by: あるばっち | Oct 28, 2012 at 08:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 料理は体調に合わせて作りましょう | Main | 風邪がヤバい »