« プロジェクトp†p ver.14 後編 | Main | 琥珀色の希望は、銀色の冥界へと溶けて消えた »

Nov 19, 2012

今日の料理

ようやっと風邪も治りつつある今日この頃。食物倉庫の在庫処分をしようと、ふと色々漁ってみた。

精米したのが06年10月とか書いてあるもち米がある。そしてこっちには、余っているジャガイモが。

 

…ここでピコーンと閃いた。これ合わせて炊いて搗けば、芋餅になるんじゃね?(超適当)

 

どうせ食うのは俺なので、試しにやってみた。

6年前のもち米2合、メークイン2個を皮剥いてブツ切り。水を多め(目分量)に入れ、炊飯器で普通に炊く。

炊けたら杵…がないので、すりこぎで適当に搗く。ちゃんと搗けば、餅っぽくなるんだろうけど、面倒なので程々で止め、成型する。

今回は、味噌田楽風に、表面に味噌塗ってガスコンロの魚焼き器で焼いてみました。

 

結果。

Kc3n0170

意外といける。なんというか、餅とジャガイモの中間のような食感がなんとも不思議な。 超古古米なので、風味はちょっとアレだが、ジャガイモのおかげで、ある程度緩和されてる。悪くない。

 

…それは良かったのだが、いかん。作りすぎた。お腹が一杯だ。しかもまだ余ってる。どうしよう。

|

« プロジェクトp†p ver.14 後編 | Main | 琥珀色の希望は、銀色の冥界へと溶けて消えた »

Comments

うん、多分。大丈夫だった気がする。

自信はない(キリッ

Posted by: あるば | Nov 29, 2012 at 08:51 AM

餅は冷凍して大丈夫なのか?

Posted by: FilDrain | Nov 27, 2012 at 07:02 PM

冷凍しとけ冷凍

Posted by: あるば | Nov 22, 2012 at 07:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« プロジェクトp†p ver.14 後編 | Main | 琥珀色の希望は、銀色の冥界へと溶けて消えた »