May 24, 2006

続・最近の弾幕生活

いやホント東方シリーズの話題しか無くて申し訳ないです。最近は相変わらず紅魔郷EXTRAに挑戦してますが、やっぱり迷路が回れない(涙)。どうしてもそこで落ちます。

 

つー事で、ちょっと気分転換に東方シリーズのファンページを回ってみる事にしたのですが。東方Wikiってのが出来てるのですよ既に。う~む恐るべし…とか思いつつ、ふと、リンクの所の海外版Wikiを発見。行ってみた。

 

…え~と、え~と、え~と、何これ。日本語Wikiよりよっぽど細かい解説というか、 痒い所にまで手が届く解説というか、スペルカードの名前の由来とかそんなの知らなかったよって言いたくなるような、神話伝承(主に仏教、日本神話)解説の山。深い伝承とかに至っては、Wikiの外に丸投げ。海外の東方人気は聞いたことはありましたが…まさかこれほどまでとは。久しぶりに本気でガクブルしました。

そして、海外でもチルノは⑨、紅美鈴は中国、そして夜雀はゆゆ様の食料…海外でも腹ぺこキャラ定着…ゆゆ様…(泣笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 16, 2006

たまには和むネタを(訂正)

下のエントリに1つ、間違いがありました。

31.36. 「宮城県仙台市山形区」 → 「仙台県仙台市青葉区山形」の間違いでした。お詫びして訂正いたします。

 

↑全山形市民を敵に回すつもりかこの男?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たまには和むネタを

最近ギスギスした話題ばっかなのでね。

さあ、自分の出身地をクリックだ!!

http://www.chakuriki.net/diary/archives/2006/01/post_551.html

 

ちなみに俺(山形)の場合。

 

1. あるある(w

3. ねーよ(w

5. 無駄言うな! 庄内はもはや別の県だ!

7. レベルE(冨樫義博/集英社)を思い出したの俺だけ?

8. 普通にそこらへんにゴロゴロしてますが何か?

9.11.14.15.23. 方言絡みは有名な話じゃね?

16.37. 否定できないのが怖い(笑)

4.19. 山形は蕎麦所です。

24. えええっ!? ヤマザワってローカルだったのっ!?

32. よく言われるね(笑)。スキーは出来るけど山形弁は喋れん。

31.36. 最近じゃないよ。随分前から山形は「宮城県仙台市山形区」だよ? シムシティで言えば[C]の四角がそのまんまって感じ? だから山形は県庁所在地じゃないんだよ? ←ひでえ

34. ワイビーシー、エキサーイトナイターー♪ …はっ!! ←激しくローカルネタ

 

という事で、結構山形は世間に正しく認知されている事が分かりましたとさ。皆様の出身地はどんな感じかにゃ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 15, 2006

今井さんのBlogの件・続き

実は件のBlogは2本立てだったようで。

 

http://blog.livedoor.jp/noriaki_20045/

 

手紙を公開した方のBlogは『向き合いの中から生まれるもの、それは対話』でした。でも、いい感じでコメントスクラム受けてて「いやこれ対話にならねーよ」って思ってたのですが。

こっちが元Blogで、こちらの方では少しずつではありますが回答してるようであります。うん、対話してる。頑張ってる。でもまー、コメント者が求めてる回答じゃないんだろうなあ、ってのも感じます。つか、こっちもものすごい勢いでコメント欄が炎上してるし。

 

みんなとにかく、何かに攻撃したくてたまらないんだろうなあ。それについてこうしてBlogで語ってる以上、多分俺も同じ穴の狢なんだけど。そんな物騒なネット界隈に飛び込んできた格好の贄。そんな状況できちんと対応しようとする姿勢は立派だと思います。コメント数から単純比較すると、うちがプチ炎上した時の数千倍のプレッシャーです。…(想像して)うん、俺ならケツまくって逃げるね。

 

 

それはともかく、当時のイラク人質事件が蒸し返されてるわけで、それについても考えてみたい。要点は、「国民の血税が…」というフレーズだろう。でも、日本の国籍をもってる人間を助ける為に、国のお金を使うのは当たり前なんだよね。

みんなが叩いてるのはそこじゃなく、助けられる限度を超えてる人間にお金を使った事、分かりやすく言えば「3馬鹿トリオ」という言葉に示されるように、いくら日本国民とはいえ、愚かな行動を取った人間を助けたって事だろう。

もっと分かりやすく言うと、この行動は保険の適用内か適用外か?って事だと思う。この場合、保険に相当するのが「日本国籍」、掛け金が「税金」及び「国策」って事で。

 

問題なのは、もう済んでしまった事なんだよね、これ。結果として彼らは助けられた。この事件によって小泉政権は圧力を受ける事とはなった(結局動じなかったけど)。

だから論ずるべきは、このような事がまた起きた時に(国と一国民を秤に掛ける羽目になった時)、日本という国はどう行動するべきか、だと思う。もう起こった事件の張本人を叩いたって何も生まれない。

私は、この件についての日本政府の対応は正しかったと思う。譲れない一線をきっちり守りつつ、助けるべきものは助けるべきものとして守ろうと努力した、という点において。まあそもそも、イラク派兵が正しいかどうか、というのは別の問題になるのだが。

 

だから私のスタンスは、そもそも何で叩くのかわかんない、ってところである。つーか不毛だと思う。こういうのを見ると、実はBlogって対話には向いていないツールなのではないかと考える。多分今井さんは、不特定多数の「日本国民」に対して、真摯に対話を呼びかけてるんだと思うんだが、野次馬しか集まってこない。

…う~ん、絶望的なイメージしか沸いてこない。そこに対話なんか起こりゃしない。そして何より嫌なのは、自分も気がつけばその野次馬になる危険性があるって事。

その事について語り合うのは意味のある事だが、攻撃する意図しか無いのなら止めた方がいい。自戒も込めて。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Feb 14, 2006

ちと予定変更

ネット上をうろうろしてたら、面白いものを見つけたもので。

 

http://www.doblog.com/weblog/myblog/55425

 

かのイラクでの人質事件の方が、その件について受けた手紙を公開してるのです。

 

 

…まあ、なんと言いますか。コメント欄が素敵な事になってます。某巨大匿名掲示板でも素敵な事になってるらしいし。

とりあえず当件の是非は置いといて、ボコる正当な理由さえあれば、よってたかってボコりに入る。なによりもまず『和』を尊重する、そんな国日本。日本ってホント、素敵な国ですね。イジメ大国日本万歳!

 

てのが俺の意見かな。うん。とっととこんな国滅んでくれればいいんだが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 24, 2005

今年を振り返り・blog編

いわば今年は、blog大ブレイクの年と言えたと思う。この日記がblogに移行したのも今年の1月だし(それ以前のテキストは以前のサイトから持ってきたもの)。

で、blogと過去のwebサイト形式との明らかな違いは、やっぱりトラックバック機能による、積極的な他サイトとの交流なんでしょう。要は意見交換が大変しやすいシステムになっている。各エントリ(記事)にコメントが付けられるようになってるのも大きい。

 

しかし、それが必ずしも良い方向に向かうとは限らず。トラックバックスパムというのが出だしたりしました。どこの管理人様もプロバイダ様も、大変対策に苦しんでいるようであります。うちのような辺鄙なblogだと流石にほとんど来ませんが、それでもたまに来ます。その度削除しなきゃならないんでめんどいです。

 

あと、blog同士の交流が可能になって、逆にあちこちのblogが炎上する、というのも今年は多かった。来年はもっと多くなるかも。

って他人事のように書いてますが、記憶も新しく、うちも「やっちゃった」blogのひとつなので何とも言えないです。

 

でまあ、ここらへん、ネチケットとかいう死語を取り出すまでも無く、議論を成立させる事の難しさを考えてました。

さて、そこでこんな記事を発見。

http://satoshi.blogs.com/life/2005/12/post_9.html

日本人の文化がディベート不得意ってのは、はるか前から言われてた事ですが、こうして改めて文章にされると堪えるなぁ…。

これを読んだ上で過去の自分の行動を振り返って見ますと、論議に熱中しだすと、私としては相手の人格を攻撃してないつもりでも、いつの間にかそういう風に受け取られてもおかしくない受け答えをしてしまう事が、結構あるです。ここらへん、私も全然ディベートのテクニックが身についてないですね。

 

自戒の意味も込めてトラックバックさせて頂く事にします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 13, 2005

懐かしいものを見た

http://sky.zero.ad.jp/worldctz-masa/gallery/flashspelunker.htm

 

フラッシュ紹介。なつかすぃー!そしてキモイー!

やっぱ名作だよねスペランカー。スペランカー先生のあのドット絵を久しぶりに見た気がする。

 

あと、「本当に久しぶりにスペランカーを見た」という方の為、こっちも張っときますね。

http://www.irem.co.jp/contents/4koma/index.html

公式サイト。2005年現在、未だにスペランカー先生は現役です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 10, 2005

D&Dv3.5勢へ:課題

http://www.reddragoninn.jp/DnD/archives/cat_02011_spells.php

 

ここの、下の方にある「ディヴィネーション系呪文と対抗呪文」(前後編)を読むべし。特にDMをやる方。以前私も、ここら辺の占術系はちゃんとまとめとかないとまずいかな~(特にサンディ(占術師/ローアマスター)が色々怖かったので)、と思って占術系に関する覚え書きを作ったけど、こちらのサイトの記事は、遥かにしっかりとまとめられてます。ちなみにこのサイト、他の記事もかなり参考になるのでD&D3E初心~初級者である我々は必読かと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

これはリンクせねば(真面目な話)

http://ofo.jp/osakana/diary20051007.phtml

 

無断リンクすいません(ここで謝ってどうするんだ俺)。

俺が言いたくて、難しすぎて文章化できなかった事、俺が疑問に思ってた事、おまけにこの事件の最初の事情から裏まで、きちんと書いてあるエントリです。是非とも皆さんに読んで欲しい。…というか、まとめサイト様から行けるんですけどね? 俺もそこの紹介で見たんですけどね?

 

過去の自分のエントリからの引用になるわけですが、だから、現行の著作権の問題ではなく、「魂の著作権」の話なわけだ。…なんで俺が文章化するとこう、分かりにくくなるんだろ…(涙)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 07, 2005

そろそろ絶望感のみが(今日ののまネコニュース)

http://www.bmybox.com/%7Estudio_u/nomaneko/max.php

 

もうあちこちのネット上ニュース・blog等で取り上げられてるので、あえてここで書く必要も無いのかもしれませんが。

avex社長の松浦氏が、mixiを止める際にメッセージを残していったようですね。ええとまあ、突っ込みたいところは結構あります。そもそもこれ、公式文書じゃないんで、あくまで私人としての松浦氏のコメントに過ぎないわけですが、それはそれとして。

 

え~、私的に今回のコメントを見て一番びっくりしたのは、avexがレコード会社じゃなくて総合エンターテインメント企業、と社長が認識していたということで。そうだったんだ、いやマジで知らなかったよ。皮肉でもなんでもなく。

 

あと、このコメントを額面通りに取るならば(取っていいと私は考えてます。mixiという閉じたコミュニティに残したメッセージであるという事は、言い方を変えれば「本音」って事だと思うので)、どうやら本気で今回の件については、向こうは向こうで真摯に対応しようとしてた節がある、といえましょう(全部裏目に出てたけど)。…なんかそう考えると、本当に悲しくなってくる。なぜ、人はこうも分かり合えないのか。

 

それよりむしろ気になるのは、あくまで私人としてのavex社長のコメントを、「2chに対する謝罪」としてあちこちのネットマスコミが取り上げている点です(いやまあ、スポーツ新聞系だけですけどね)。いや、おかしいだろそれ明らかに。何でそんな公式文書じゃないものを、ニュースとして大きく載せる? いつからYAHOO!ニュースは、2chみたいにネットの裏の事象を扱うサイトになったとですか?

 

なんかホント、全体的にやってる事に筋が通ってないと思う、今の日本社会。どんどんやな流れになっていくなあ…。

| | Comments (1) | TrackBack (0)